トップページ > 相談事例

相談事例

共有名義の二世帯住宅の売却

更新日時:2021年08月27日

[ご相談内容]
その二世帯住宅は、ご相談者様が3分の1、ご相談者様の娘の夫が3分の2の持分で所有していました。購入時、ご相談者様が以前の自宅を売却しその売却資金を購入資金に入れ、
また、娘の夫は住宅ローンを利用して購入したため、共有名義となりました。
その住宅は娘夫婦と二世帯で住んでいましたが、娘夫婦は離婚し、娘とその子供が家を出ていきました。 その後は、ご相談者様と娘の夫が住んでいたようです。

そのうち、ご相談者様に娘の夫から「もう住宅ローンが支払えないので、競売になってしまう」と話がありました。この時、ご相談者様は共有持分の売却を当社に相談されました。
その二世帯住宅は、査定をしたところ住宅ローンの残高より査定額の方が高かったため、不動産全部を娘の夫と一緒に売却した方がいいことをご相談者様へお話しました。
ご相談者様は、娘の夫とは冷静に話をすることが出来ないということなので、当社から娘の夫に売却の話を持ち掛けました。
娘の夫には売却に協力してもらえることになり、当社で販売活動を始めました。
その約3ヶ月後、購入希望者が決まり無事に売却し、住宅ローンも完済することができました。

共有持分の買い取りでなくても共有者全員の合意が得られれば、売却もお手伝いします。

お問い合わせ