トップページ > 相談事例

相談事例

遺産分割調停で売却

更新日時:2021年08月27日

[ご相談内容]
東京都内で戸建の持分の売却を希望しているお客様のご相談です。
ご相談者様はその戸建の持分の所有者(ご相談者様の母)の長男で、その所有者の成年後見人に選任されていました。
戸建はご相談者様の母が2分の1、次男が2分の1の持分で所有しておりましたが、次男は既に亡くなっており、その戸建には次男の妻が一人で住んでいました。
ご相談者様は、次男の遺産分割協議を行いたいと次男の妻に何度か連絡を取り、話合いをするが互いの意見は合わず、なかなか前に進まない状況が続いていたそうです。
そのうち、次男の妻は無視をするようになり、連絡が取れなくなりました。

ご相談者様は、母が施設に入所しておりその戸建に住むことはないということと、今後の固定資産税や建物の維持管理費用等の負担が生じてくることから
戸建の持分を売却することを決め、当社に相談されました。
当社に相談された時、ご相談者様は弁護士へも遺産分割の件で相談されていましたので、まずは遺産分割の調停を行って不調になった場合、改めてご連絡いただくことになりました。
その後、遺産分割の調停でその戸建は次男の妻と一緒に売却することになったようです。

お問い合わせ