トップページ > 相談事例

相談事例

共有者が共有持分を売却してしまい第三者と共有になってしまった

更新日時:2021年10月18日

他の共有者が共有持分を売却してしまい、第三者と共有になってしまいました。どうしたらいいのかとのご相談がありました。
その第三者は
●共有の解消を希望する
●相当の賃料の支払いを求めてくる
と思われます。
「共有の解消を希望する」の場合は、現物を分けるか売却によって共有を解消する方法がとられます。
「相当の賃料の支払いを求めてくる」の場合は、持分相当の賃料を請求されます。

いずれにしても共有者から打診があったら無視をせず、話し合いをすることをお勧めします。
無視をすると裁判になる可能性があり、思わぬ判決が出てしまうことがあります。

お問い合わせ