トップページ > 相談事例

相談事例

共有不動産の分割方法

更新日時:2021年10月9日

共有不動産の共有を解消する方法として、
①共有者全員により協議で行う方法
②裁判所にて調停や訴訟で行う方法があります。
この時に使われる分割方法を次に挙げます。

①現物分割
現物(不動産)を分ける方法です。このケースでは持分が2分の1なので50坪ずつ分けることになります。
現物を分ける不動産の価値にあまり差がなく均等に分けられるときに利用されます。

②換価分割
不動産を売却し金銭で分ける方法です。金銭は平等に共有者で分けることができます。

③代償分割
一人の共有者が取得する代わりに代償としてそれに見合う金銭をもう一人の共有者へ支払う方法です。

上記の3つの分割方法は、共有者全員の協議による方法の場合、全員の同意が必要となります。
全員の同意が得られない、また調停や訴訟を行いたくない場合は、共有持分を単独にて売却する方法になります。

お問い合わせ