トップページ > 相談事例

相談事例

兄弟4人で相続したアパートの共有持分の売却

更新日時:2021年04月15日

[ご相談内容]
東京都内でアパートを兄弟で相続したお客様のご相談です。
アパートは、兄弟4人が4分の1ずつ所有しており、そのうちの一人がご相談者様です。
アパートの管理は、主にアパートの1階に住んでいた長男が行っていました。また、兄弟4人は高齢ということもあり、
その内の一人にはすでに相続が発生していました。
1階に住んでいた長男は、ある時から共有者へ賃料を分配することをしなくなり、また入居者の賃料滞納等、管理がずさんになっていたようでした。
アパートの入居者からの賃料は長男の口座に振り込まれており、共有者が賃料を長男へ請求しても応じてもらえなかったようです。
親族間にて共有持分を買う話もありましたがうまく進まず、最終的にご相談者様は持分4分の1を当社に売却しました。


[ポイント]

当社では収益物件の持分の買い取りも行っております。また、アパートの入居者募集や賃貸管理も行っておりますので、
今回のアパートは収益物件として当社にて保有しております。

お問い合わせ