トップページ > 相談事例

相談事例

祖母、姉と共有する相続持分4分の1を売却

更新日時:2020年09月27日

[ご相談内容]
千葉県で戸建の共有持分4分の1を相続したお客様のご相談です。
その戸建は、母が亡くなりご相談者と姉が4分の1ずつ相続で取得し、2分の1はご相談者の祖母の所有でした。
ご相談者は、家族の学費や生活資金等が必要で持分4分の1の売却に踏み切ったようです。
その戸建は、祖母の亡き夫が建てたもので、祖母が独りで住んでいました。もちろん、ご相談者は賃料を受け取っていません。
祖母の年齢は80歳代、同居する家族がいないこと等を考慮すると、当社が買い取ることは厳しいかとも考えましたが、最終的には当社にて
持分4分の1を買い取ることをご相談者へお伝えしました。数日検討いただき、ご相談者から当社に売却する旨の連絡が入り、当社はご相談者の持分4分の1を買い取りました。

[ポイント]
今回のご相談のポイントは、共有者の内容も買い取りができるかの判断材料になります。売却の対象となる不動産の共有者で、
引越しが困難である方が住んでいる場合、当社の持分の買い取りが難しい場合があります。

お問い合わせ