トップページ > 相談事例

相談事例

妻の共有持分を相続し義兄と共有していた土地の共有持分売却

更新日時:2021年08月27日

[ご相談内容]
埼玉県で相続した土地の共有持分でご相談のお客様です。
ご相談者様は、奥様が所有していた土地の4分の1の共有持分を相続し、奥様の兄と共有になりました。
その土地には、奥様の兄夫婦の自宅とアパートが建っていました。元々、奥様の父が所有していたもので同居していた奥様の兄がその土地に自宅を建てて住んでいました。

当然ながら、ご相談者様は奥様からの相続なのでその土地を全く利用しておらず、賃料も受け取っていなかったのですが、その兄夫婦から固定資産税の支払いを要求されていました。
利用も出来ず収益もないため、兄夫婦へ買い取って欲しい旨を相談していたようですが、お金がないと聞き入れてもらえなかったそうです。

ご相談者様は、このままでは子供たちへも引き継いでしまうことを心配し、当社へ土地の共有持分4分の1の売却を決めました。

お問い合わせ