共有持分、共有不動産、相続などでの共有持分にお困りならセンチュリー21大正ハウジングへ

ホーム用語集>相続放棄

相続放棄

用語説明

相続放棄とは、被相続人が残した財産の相続を放棄することで、被相続人にマイナスの財産が多い場合や相続争いに巻き込まれたくない場合、家業の後継者以外の相続人が相続を辞退する場合等に利用します。

民法第938条(相続の放棄の方式)
相続の放棄をしようとする者は、その旨を家庭裁判所に申述しなければならない。

 民法第939条(相続の放棄の効力)
相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす。


相続放棄をするには、相続開始を知った時から3ヶ月以内に家庭裁判所へ申述書を提出し、受理されると相続放棄の効力が発生します。

相続放棄の手続きを行うと、その相続に関し放棄した相続人は最初から相続人でなかったとみなされます。
したがって、その相続放棄した人の子や孫に代襲相続は行われず、被相続人の財産は残った相続人で分けます。

 

不動産を共有している各共有者は、不動産を売却する際に共有者全員の同意が必要となります。
相続等で不動産を持分で取得した場合、売却で共有者ともめたり、意見が合わなかったりということがあります。そのような時、当事者同士が調整して処分することはとても困難です。
当社では、お客様のお悩みや問題点等を伺い、共有者間の売買や当社の買取りで解決します。

お問い合わせ