共有持分、共有不動産、相続などでの共有持分にお困りならセンチュリー21大正ハウジングへ

ホーム用語集>共有物分割・共有物分割請求訴訟

共有物分割・共有物分割請求訴訟

用語説明

共有物分割とは、二人以上で所有する共有物の共有状態を解消することです。



民法第256条1項(共有物の分割請求)
各共有者は、いつでも共有物の分割を請求することができる。ただし、五年を超えない期間内は分割をしない旨の契約をすることを妨げない。

民法第258条(裁判による共有物の分割)
共有物の分割について共有者間に協議が調わないときは、その分割を裁判所に請求することができる。
前項の場合において、共有物の現物を分割することができないとき、又は分割によってその価格を著しく減少させるおそれがあるときは、裁判所は、その競売を命ずることができる。

 

共有物の分割について、共有者間で協議が調わないとき、その分割を裁判所に請求することができます。この裁判を共有物分割請求訴訟といいます。

裁判による分割は、現物分割による方法が原則とされています。

しかし、マンションや車など現実的に分割できない場合や、分割してしまうとその価値が著しく低下してしまう場合には、裁判所はその物の競売を命ずることができます。

不動産を共有している各共有者は、不動産を売却する際に共有者全員の同意が必要となります。
相続等で不動産を持分で取得した場合、売却で共有者ともめたり、意見が合わなかったりということがあります。そのような時、当事者同士が調整して処分することはとても困難です。
当社では、お客様のお悩みや問題点等を伺い、共有者間の売買や当社の買取りで解決します。

お問い合わせ