共有持分、共有不動産、相続などでの共有持分にお困りならセンチュリー21大正ハウジングへ

ホーム用語集>共有不動産

共有不動産

用語説明

共有不動産とは、一つの不動産を持分という割合で複数の人(共有者)が持っている不動産をいいます。

それぞれの共有者は持分の割合の範囲で権利を持っており、その不動産のどこからどこを持つということではありません。

共有不動産は、相続で取得した場合や被相続人の名義のまま放置されている場合、親子、兄弟姉妹、夫婦が資金を出し合って購入し共有名義で登記した場合等で見られます。



 

不動産を共有している各共有者は、不動産を売却する際に共有者全員の同意が必要となります。
相続等で不動産を持分で取得した場合、売却で共有者ともめたり、意見が合わなかったりということがあります。そのような時、当事者同士が調整して処分することはとても困難です。
当社では、お客様のお悩みや問題点等を伺い、共有者間の売買や当社の買取りで解決します。

お問い合わせ