共有持分、共有不動産、相続などでの共有持分にお困りならセンチュリー21大正ハウジングへ

ホーム用語集>法定相続人・法定相続分

法定相続人・法定相続分

用語説明

相続が発生した時、相続財産を受け継ぐ人を民法で定めており、その人を法定相続人といいます。
民法では相続人の範囲(順位)や相続財産を分ける割合(法定相続分)を定めています。



法定相続分

配偶者と子(孫またはひ孫)    配偶者2分の1 子2分の1
配偶者と父母(祖父母)      配偶者3分の2 父母3分の1
配偶者と兄弟姉妹(甥姪)     配偶者4分の3 兄弟姉妹4分の1

不動産を共有している各共有者は、不動産を売却する際に共有者全員の同意が必要となります。
相続等で不動産を持分で取得した場合、売却で共有者ともめたり、意見が合わなかったりということがあります。そのような時、当事者同士が調整して処分することはとても困難です。
当社では、お客様のお悩みや問題点等を伺い、共有者間の売買や当社の買取りで解決します。

お問い合わせ