共有持分、共有不動産、相続などでの共有持分にお困りならセンチュリー21大正ハウジングへ

ホーム新着News>2018年7月相続法改正

2018年7月相続法改正

2018年7月6日に相続に関する民法の改正があり、約40年ぶりとなる大きな見直しとなりました。
(民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律)
大まかな内容は次の通りです。

◇配偶者の居住権を創設
◇遺産分割の方法の見直し
◇遺言制度の見直し
◇遺留分制度の見直し
◇相続の効力等に関する見直し
◇相続人以外の者の貢献を考慮するための制度を創設

各内容の概要は順次、豆知識にてご紹介します。

不動産を共有している各共有者は、不動産を売却する際に共有者全員の同意が必要となります。
相続等で不動産を持分で取得した場合、売却で共有者ともめたり、意見が合わなかったりということがあります。そのような時、当事者同士が調整して処分することはとても困難です。
当社では、お客様のお悩みや問題点等を伺い、共有者間の売買や当社の買取りで解決します。

お問い合わせ

ご相談はこちら

お問い合わせ 0120-73-0021