共有持分、共有不動産、相続などでの共有持分にお困りならセンチュリー21大正ハウジングへ

ホーム新着News>小規模宅地等の特例の見直し

小規模宅地等の特例の見直し

◆被相続人の居住用の場合、被相続人に配偶者や同居法定相続人がおらず、相続開始前3年以内に本人またはその配偶者の持家に住んだことがない親族が相続したときは、土地の評価額を減額。



平成30年4月1日以降の相続・遺贈から次の者は除外とする。
①相続開始前3年以内にその相続した者の3親等内の親族等が所有する国内にある家屋に居住したことがある者。
②相続開始時において居住している家屋が過去に自己所有であった者。



 

不動産を共有している各共有者は、不動産を売却する際に共有者全員の同意が必要となります。
相続等で不動産を持分で取得した場合、売却で共有者ともめたり、意見が合わなかったりということがあります。そのような時、当事者同士が調整して処分することはとても困難です。
当社では、お客様のお悩みや問題点等を伺い、共有者間の売買や当社の買取りで解決します。

お問い合わせ

ご相談はこちら

お問い合わせ 0120-73-0021