共有持分、共有不動産、相続などでの共有持分にお困りならセンチュリー21大正ハウジングへ

ホーム豆知識>贈与税の配偶者控除

贈与税の配偶者控除

豆知識

贈与税の配偶者控除とは、夫婦間で居住用財産を贈与する場合、2,000万円までは非課税とするものです。 但し、この特例を受けるためには次の要件があります。
①夫婦の婚姻期間が20年以上
②居住用不動産または居住用不動産の購入資金であること
③贈与を受けた年の翌年3月15日までに取得した不動産に贈与を受けた者が居住し、その後も居住する見込みであること


※同じ配偶者からは一度しか受けることができません。



夫婦共有名義の不動産の持分を夫婦間で2,000万円分贈与しても贈与税はかからないということです。
この特例を受けると贈与税は非課税ですが、名義を変更するときには不動産取得税や登録免許税、司法書士への手数料はかかります。

不動産を共有している各共有者は、不動産を売却する際に共有者全員の同意が必要となります。
相続等で不動産を持分で取得した場合、売却で共有者ともめたり、意見が合わなかったりということがあります。そのような時、当事者同士が調整して処分することはとても困難です。
当社では、お客様のお悩みや問題点等を伺い、共有者間の売買や当社の買取りで解決します。

お問い合わせ