共有持分、共有不動産、相続などでの共有持分にお困りならセンチュリー21大正ハウジングへ

ホーム豆知識>遺留分制度の見直し(2019年7月1日施行)

遺留分制度の見直し(2019年7月1日施行)

豆知識

遺留分を侵害された者は、遺贈や贈与を受けた者に対し、遺留分侵害額に相当する金銭を請求すること
ができます。

遺留分侵害額の請求を受けた者が、直ちに金銭を支払えない場合は裁判所に対し、支払い期限の猶予を
請求
することができます。


 

改正前は・・・
遺留分を侵害された者は、遺贈や贈与を受けた者に対し、遺贈された財産そのものの返還を請求する。
→不動産の場合は、共有状態となってしまい処分や利用に制約を受けることになる。(遺留分の割合で共有)



改正により・・・
①遺留分を侵害された額に見合う金銭を請求できる。(現物返還は認めない)
→共有関係が生ずることを回避できる。
②遺贈や贈与の目的財産を受遺者等に与えたいという遺言者の意思を尊重することができる。


 

 

 

 

不動産を共有している各共有者は、不動産を売却する際に共有者全員の同意が必要となります。
相続等で不動産を持分で取得した場合、売却で共有者ともめたり、意見が合わなかったりということがあります。そのような時、当事者同士が調整して処分することはとても困難です。
当社では、お客様のお悩みや問題点等を伺い、共有者間の売買や当社の買取りで解決します。

お問い合わせ