共有持分、共有不動産、相続などでの共有持分にお困りならセンチュリー21大正ハウジングへ

ホーム豆知識>相続人以外の者の貢献を考慮するための制度を創設(2019年7月1日施行)

相続人以外の者の貢献を考慮するための制度を創設(2019年7月1日施行)

豆知識

相続人以外の被相続人の親族が、被相続人の療養看護等をした場合に相続人に対して特別寄与料を請求できるようになりました。

◆改正前
相続人以外の者が、被相続人の介護を行っても、相続財産を取得することができない。

【事例】長男が被相続人より先に死亡していた場合



◆改正後
相続開始後、長男の妻は相続人(長女、次男)に対し、金銭の請求をすることができる。


  ➡介護等の貢献に報いることができ、実質的公平が図られる。

 

不動産を共有している各共有者は、不動産を売却する際に共有者全員の同意が必要となります。
相続等で不動産を持分で取得した場合、売却で共有者ともめたり、意見が合わなかったりということがあります。そのような時、当事者同士が調整して処分することはとても困難です。
当社では、お客様のお悩みや問題点等を伺い、共有者間の売買や当社の買取りで解決します。

お問い合わせ