共有持分、共有不動産、相続などでの共有持分にお困りならセンチュリー21大正ハウジングへ

ホーム豆知識>相続の効力等に関する見直し(2019年7月1日施行)

相続の効力等に関する見直し(2019年7月1日施行)

豆知識

相続させる旨の遺言によって取得した財産について、法定相続分を超える部分の取得は登記等の対抗要件を備えなければ第三者に対抗することができません。

 

◆改正前
遺言による財産の取得は、登記等の対抗要件がなくても第三者に対抗できる。
→  遺言の有無や内容を知らない債権者・債務者の利益を害する。
    登記制度や強制執行制度の信頼を害するおそれがある。




◆改正後
相続させる旨の遺言について、法定相続分を超える部分については、登記等の対抗要件を備えなければ第三者に対抗することができない。➡登記の先後

遺言の有無および内容を知り得ない相続債権者・債務者等の利益や第三者の取引の安全を確保できる。

不動産を共有している各共有者は、不動産を売却する際に共有者全員の同意が必要となります。
相続等で不動産を持分で取得した場合、売却で共有者ともめたり、意見が合わなかったりということがあります。そのような時、当事者同士が調整して処分することはとても困難です。
当社では、お客様のお悩みや問題点等を伺い、共有者間の売買や当社の買取りで解決します。

お問い合わせ