共有持分、共有不動産、相続などでの共有持分にお困りならセンチュリー21大正ハウジングへ

ホーム豆知識>遺言制度の見直し(2019年1月13日施行)

遺言制度の見直し(2019年1月13日施行)

豆知識

自筆証書遺言を作成する際、これまでは全て自書する必要がありましたが、改正後、財産目録はパソコン等で作成や通帳の写し、不動産登記事項証明書等を添付することが可能になりました。

◆改正前
遺言者本人が財産目録も全て手書きしなければならない。
(財産が多数ある場合、負担が大きい。)



◆改正後
財産目録について、手書きに代えて不動産登記事項証明書通帳の写し、または財産の一覧をパソコンで作成して、別紙で添付し、全頁に署名・押印をすることで作成が可能。

不動産を共有している各共有者は、不動産を売却する際に共有者全員の同意が必要となります。
相続等で不動産を持分で取得した場合、売却で共有者ともめたり、意見が合わなかったりということがあります。そのような時、当事者同士が調整して処分することはとても困難です。
当社では、お客様のお悩みや問題点等を伺い、共有者間の売買や当社の買取りで解決します。

お問い合わせ