共有持分、共有不動産、相続などでの共有持分にお困りならセンチュリー21大正ハウジングへ

ホーム相談事例>共有不動産一緒に売れないため持分売却

共有不動産一緒に売れないため持分売却

ご相談内容

東京都内で戸建を所有するお客様のご相談は、ご相談者様が土地8分の5と建物、弟が土地のみ8分の3の割合で所有する戸建を現在売却活動をしているが、販売価格が高く売却できないとのお話でした。

その戸建は、ご相談者様の家族が両親と同居していましたが、両親が亡くなりご相談者様の家族だけでは広すぎるとのことで、大手不動産会社へ依頼し売却活動をしていました。

売却活動の中、なかなか売れないため、弟に販売価格の相談をするが、弟は「売れるはずだから」の一点張りで販売価格を下げることはしませんでした。

売却活動期間は約半年間続きましたが、反響はほとんどなくこのままでは売れる見込みがないと判断し、共有持分の売却のご相談となりました。

お話を伺うと、ご相談者様の兄弟は、過去に何度か訴訟を起こしたことがあり、兄弟間の意見を調整することはかなり困難なようでした。依頼していた大手不動産会社の担当者からは、打つ手なしという報告があったそうです。

兄弟で一緒に売却することが困難なため、ご相談者様は当社に共有持分を売却されました。

ご相談はこちら

お問い合わせ 0120-73-0021