共有持分、共有不動産、相続などでの共有持分にお困りならセンチュリー21大正ハウジングへ

ホーム相談事例>破産管財人がマンションの共有持分を売却

破産管財人がマンションの共有持分を売却

ご相談内容

破産管財人からのご相談です。

破産財団にマンションの共有持分があり、不動産の処分ができないと破産手続きが進まない、だが競売は時間や費用がかかるというお話でした。
もちろん、破産管財人は共有者へマンション全体の売却等を辛抱強く働きかけていましたが、条件や親族間なので気持ちの問題等で折り合わず、難航している様子でした。

破産管財人は、共有持分の売却について、当社以外の会社にも相談しているようでしたが、最終的に一番良い条件を提示した 当社にマンションの共有持分を売却しました。

不動産の共有持分で早期の売却をお考えの方、当社にご相談下さい。

ご相談はこちら

お問い合わせ 0120-73-0021