共有持分、共有不動産、相続などでの共有持分にお困りならセンチュリー21大正ハウジングへ

ホーム相談事例>親族間売買の仲介

親族間売買の仲介

ご相談内容

東京都で姉妹でマンションを所有するお客様のご相談です。

ご相談者様(妹)は、当時姉妹で資金を出し合ってマンションを購入し、2分の1の持分で所有していました。
そのマンションには姉妹で住んでいましたが、姉は結婚のためマンションを引越し、ご相談者様のみが住んでいました。

ご相談者様はこのままマンションに住んでいたいので、姉の持分を購入したいという希望でした。姉は持分の売却を快く了承してくれましたので早速、売買契約の準備に入りました。

ご相談者様は、住宅ローンを利用し購入するということなので銀行へ事前相談を行い、また、売買価格についても適正な価格である必要があるため、相場を調べ価格の決定等慎重に行いました。

一般的に大半の銀行では、親族間売買で住宅ローンを利用することができません。今回は、諸事情とご相談者様の属性、不動産の担保評価等から幸いにも銀行の審査が通りました。

ご相談者様は手続きを踏み、無事に売買契約の締結、代金決済を終えることができました。



 

ポイント

親族間の売買は、銀行の住宅ローンの利用は難しいケースが多く、ノンバンクの住宅ローンを利用するほうが多くなります。銀行は親子間、親族間のローンには様々な理由から消極的であるためです。しかし、適正な売買価格の設定や購入動機等の内容によっては審査が通ることもあります。

ご相談はこちら

お問い合わせ 0120-73-0021