共有持分、共有不動産、相続などでの共有持分にお困りならセンチュリー21大正ハウジングへ

ホーム相談事例>姉妹3人で相続した戸建の共有持分の売却

姉妹3人で相続した戸建の共有持分の売却

ご相談内容

東京都で姉妹3人で共有する戸建を持つお客様からのご相談です。

ご相談者は、姉妹3人で3分の1ずつ戸建を相続しました。当時、その戸建を売却し、金銭にて分配する約束をしていたそうです。その戸建は誰も住んでおらず、売却もすぐ出来る状態でした。

売却のため、一番上の姉に具体的な話を持ち掛けましたが、全く取り合ってもらえず売却の話が進みませんでした。また、相続時から取引のある銀行の担当者からも、一番上の姉に何度か売却の話を持ち掛けましたが「そのうちに」と言われ、やはり進展せずという状況が続いたそうです。

結局1年以上経過して、何も進まないということで、姉妹のうち一番上の姉を除くお二人が、当社へ共有持分の売却の相談をされました。

当社は、ご相談者姉妹お二人の共有持分3分の2を購入しました。

ご相談はこちら

お問い合わせ 0120-73-0021