共有持分、共有不動産、相続などでの共有持分にお困りならセンチュリー21大正ハウジングへ

ホーム相談事例>兄弟で相続した戸建の共有持分売却

兄弟で相続した戸建の共有持分売却

ご相談内容

千葉県のご相談者様は、兄と共有持分2分の1ずつ相続した戸建がありました。その戸建は、ご相談者様の実家で何年も空き家になっていたそうです。
ご相談者様は売却を希望していたため、兄とは家庭裁判所で調停も行っており売却するということで合意していました。
ところが、兄が希望する売却価格が相場より高く、購入者も決まらず時間ばかり経過していたそうです。

そこで、当社にご相談いただき、その後、当社は兄へ売却の話を持ち掛けました。
当社は、兄へ①戸建を第三者へ売却する案、②共有者の共有持分を購入する案、③建物は解体し土地を分割する案を提案しました。しかし、これら全て断られてしまいました。

ご相談者様は、自分で使うこともない不動産で固定資産税も負担していましたので、売却したい気持ちは変わらず、自己の共有持分を当社へ売却することにしました。

その戸建は、築40年以上経過している建物で、中には家具や家財等多く残っており、不用品等はそのまま当社が引き取りました。

ご相談者様と当社はその戸建の共有持分2分の1の売買契約を締結し、約1ヶ月後に残金決済を行いました。

ご相談はこちら

お問い合わせ 0120-73-0021