共有持分、共有不動産、相続などでの共有持分にお困りならセンチュリー21大正ハウジングへ

ホームQ&A>共有持分の解消方法で売却以外の方法

共有持分の解消方法で売却以外の方法

ご質問

共有持分の解消で売却以外の方法はありますか。

回答

共有持分を解消するという点では、放棄という方法があります。
共有持分を放棄した場合、その共有持分は他の共有者へ持分割合に応じて帰属されます。
この共有持分の放棄はみなし贈与となり、帰属された共有者に贈与税が課税される場合があります。

不動産を共有している各共有者は、不動産を売却する際に共有者全員の同意が必要となります。
相続等で不動産を持分で取得した場合、売却で共有者ともめたり、意見が合わなかったりということがあります。そのような時、当事者同士が調整して処分することはとても困難です。
当社では、お客様のお悩みや問題点等を伺い、共有者間の売買や当社の買取りで解決します。

お問い合わせ

ご相談はこちら

お問い合わせ 0120-73-0021