共有持分、共有不動産、相続などでの共有持分にお困りならセンチュリー21大正ハウジングへ

ホームQ&A>離婚予定のある夫婦の不動産の共有持分は売却できるか

離婚予定のある夫婦の不動産の共有持分は売却できるか

ご質問

離婚予定のある夫婦で共有している不動産の共有持分の売却はできますか。

 

回答

夫婦の共有不動産は、実際の持分の比率に関係なく夫婦2分の1ずつが基本と考えられていますが、全てのケースに該当するわけではありません。離婚の際の財産分与により共有不動産の持分が変動する場合がありますので、財産分与を終え不動産の持分の確定後、当社にご相談下さい。



 

共有持分でお悩みの方はこちら

共有持分でお悩みの方はこちら

不動産を共有している各共有者は、不動産を売却する際に共有者全員の同意が必要となります。
相続等で不動産を持分で取得した場合、売却で共有者ともめたり、意見が合わなかったりということがあります。そのような時、当事者同士が調整して処分することはとても困難です。
当社では、お客様のお悩みや問題点等を伺い、共有者間の売買や当社の買取りで解決します。

お問い合わせ

ご相談はこちら

お問い合わせ 0120-73-0021