共有持分、共有不動産、相続などでの共有持分にお困りならセンチュリー21大正ハウジングへ

「相続」とは?
人が死亡した時に開始します。遺族の方は、悲しみなど精神的な負担もありながらも法律で決められた期間内に相続の手続きをしなければなりません。 相続財産を誰が何をどのように相続するか、税法上の問題はどうか等を十分に検討すること、また相続する財産(相続する財産にはプラスの財産とマイナスの財産(負債)があります)の内容をしっかりと把握することが大切になります。

早く売却して現金化したい

このようなトラブルを回避する方法の一つとして、相続不動産を現金化することが挙げられます。
当社はこのような相続不動産の買い取りを行っております。下記の様な事象にも適しております。

ご相談はこちら

お問い合わせ 0120-73-0021
相続豆知識

相続税

相続税は、相続や遺贈により取得した財産にかかります。この財産の価額の合計が基礎控除額を超える場合にその超える部分に対し、相続税が課税されます。
この場合の相続税の申告及び納税は、被相続人の死亡を知ってから10か月以内に行わなければなりません。

基礎控除額とは

5,000万円 + 1,000万円 × 法定相続人の数
(平成26年12月31日まで)

3,000万円 + 600万円 × 法定相続人の数
(平成27年1月1日以降)

※相続開始の日が基準となります

相続税の計算

■課税される財産の価額を実際の取得分とは別に法定相続分で相続したものとして、それぞれ税率をかけて各人の税額を算出し、それを合計する。

■合計税額を各人の実際の相続の割合で按分する。

■配偶者の税額軽減、未成年者控除など税額控除をして各人の納付税額を算出する。

相続した不動産を売却した時の税金 相続した不動産を売却した時の税金

相続した不動産を売却した時、譲渡所得として所得税の対象となる場合があります。

相続人は、被相続人がその不動産を取得した日、取得した価額を引き継ぐことになるので、被相続人が取得した日から相続人が売却した日までの所有期間により税率 が異なります。

所有期間が売却した年の1月1日において5年を超える場合

(長期譲渡所得)

売却価格 - (取得費+売却費用) = 課税所得金額

課税所得金額 × 15%(所得税) = 税額1

課税所得金額 × 5%(住民税) = 税額2

税額1 × 2.1%(復興特別所得税) = 税額3

所有期間が売却した年の1月1日において5年以下の場合

(短期譲渡所得)

売却価格 - (取得費+売却費用) = 課税所得金額

課税所得金額 × 30%(所得税) = 税額1

課税所得金額 × 9%(住民税) = 税額2

税額1 × 2.1%(復興特別所得税) = 税額3

税額1 + 税額2 + 税額3 = 納税額

※取得費…土地や建物を購入した時の代金と購入に要した費用の合計額(建物の場合は、合計額から減価償却費相当額を引いた額)
取得費がわからない場合は、売却価格の5%としても可
※売却費用…売却にかかった費用(仲介手数料、印紙税等)
※復興特別所得税…平成25年1月1日から平成49年12月31日の間の所得が課税対象

※その他、特別控除を受けられる場合もあります。

ご相談はこちら

お問い合わせ 0120-73-0021